キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

ポジティブな気持ちで働くことが出来る風俗店の求人を探すようにしましょう

どんな時であってもNG言葉と呼ばれるものがあります。それはネガティブ言葉や悪口、愚痴と言ったものです。こういう言葉を使ってしまうとお客様の指名を取れないどころか、自分の思考がどんどん暗くなっていきます。仕事中はNG言葉は使わないようにしたほうがいいです。

どんな時であってもネガティブ言葉を使いがちなのですが、こういう言葉を聞いてしまうとマイナスな言葉を連想してしまいますので、そういう言葉は使わないようにします。ネガティブな言葉を使いそうだなという時は、ポジティブな言葉に変換するといいでしょう。

ポジティブな言葉に変換すると自分もだんだん前向きになっていきます。ネガティブ言葉と同様にやりがちなのが愚痴です。自分のつらい状況を分かってほしいというのはあるでしょうが、お客様としては別に風俗嬢の愚痴を聞きに来ているわけではないですし、愚痴も大きく分けるとネガティブ言葉ですので、気持ちが沈んでしまいます。

お客様としては自分が楽しい気分になるために来ていますので、そういうマイナスなことを聞かされてもどうしようもありません。悪口についても同様のことです。風俗の求人を探す際や面接に臨む際はNG言葉は使わないようにしたいものです。まだ採用が決まっていない段階でそういう言葉を使ってしまうとお客様にそういう言葉を使ってしまうのではないかと警戒されて、採用されないということもあります。

3つのNG言葉というのは要するに自分だけでなく相手に対しても悪い感情を起こさせるということです。せっかくであれば楽しい気分にして帰ってもらう方がはるかにいいですので、そういうNG言葉については使わないように心がけていきたいものです。

風俗の仕事を志そうという人は大抵の場合は高収入だからというのが多いのではないでしょうか。しかし、面接での志望動機においてお金に興味があるからですという風に直接伝えてもいいかどうかは気になるところです。ここでは特にお店側の視点から見ていくことにしましょう。

結論から言うと高いお金が稼げるからと直接伝えても全然構いません。お店側としても高収入に興味があるということは十分承知しています。もしお金が必要な理由を聞かれたとしても、引越しで50万円貯めないといけないとか、6か月で100万円稼ぐ必要がある、今後のためになるべく多くのお金を稼ぎたいなどと具体的に伝えてもいいでしょう。

引用:30代中心の風俗求人 http://www.r-30.net/

一般企業の採用面接ではお金が稼げるからという理由ではまず落ちるでしょうが、風俗の求人での面接では全然問題がありません。志望動機を聞いてこないお店もありますが、大抵の場合は聞いてくるでしょう。風俗の採用基準の中ではそれほど志望動機のウエイトが高いわけではありませんが、外見では分からない内面的なことを知る場として聞いてくる場合があります。

あとは、どういう意識で仕事を考えているのかということを知るという目的もあります。働くための目標がお金であっても、一生懸命に働くということが分かれば十分採用に値します。もしかすると、志望動機よりもなぜこのお店を選んだのかということを聞かれるかもしれません。

この場合であっても求職活動を通して感じたことをありのままに伝えればいいです。お店側としては今後の採用活動の参考にする場合が多いです。風俗で働きたいというのであれば、志望動機およびその店を選んだ理由について少しは考えておいたほうが良さそうです。